パリでのイスラム国のテロ事件についての感想

ここ何日かのニュースで、パリの新聞社へのイスラム国のテロの事の報道が続いているが、そのテロに対して言論の自由を守ろうというデモが行はれたとのことだが、言論によるもなは言論による反論なりが正当なのだろう。自分に気にいらないものなり、事実誤認のものがあるのなら言論によるべきで暴力は良く無いし、新聞社の武力攻撃はいかがなものであろう。思うに日本でも同じような事が起きていたようだが、暴力による攻撃に対して屈服したような動きもあったようだが、これは暴力にようる攻撃をした者の思いどうりになってしまうので、どのようなものなのだろうあか。特に見もしない、読みもしないで自分らに都合の悪いことを言っているようだとして、暴力に訴えるという事があったのは、言論の自由を奪うのでよくないことなのだはないか。反論はそのことについの書いたりしている物を読んでなり、見てから反論すればいいのであるが、そうしないのが問題なのだろう。日本では自由なり人権というよう考えが余り無いようなきがする。欧米では自由なり人権に対してかなり敏感であると感じたのであり、それらの物は血を流してまでも手に入れたののので余計なのであろう。
 イスラム国は欧米の価値観と相いれないものをもっているようだが、それだからといって何も暴力によって訴えることはないのだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です